時計仕掛けの貨幣価値

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多くの方が思い浮かべるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、一人で入るのは勇気が要るという方も一定数いるでしょう。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

そこのお店で売却すればいい値段になるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、納得できないような安い金額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。

金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。

こうした被害に遭ってしまった時には次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。

営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。

そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば高値で買取してくれるというのです。

丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、試しに査定してもらうことにしました。

未だ記憶に新しいリーマンショック。

それから今までの間に、決して急速というわけではないですが、金の市場買取価格が上がってきています。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。

こうした事態もまた、市場での金の価格が上がる切っ掛けとして機能したのではないでしょうか。

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。

よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。

合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは1000分の750という純度です。

割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。

銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。

利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。

金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを十分見極める必要があるでしょう。

少しでも怪しげな点がある店は手を出してはいけません。

中には高価買取を謳う広告もありますが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

最近は硬貨買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。

買取時、こういった費用を取る店だったら、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。

なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、大体570グラムといったところでしょうか。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。

1グラムあたりの価格は2000円ほどです。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。

自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも解決法としてアリでしょうね。

普段意識しないことですが、我々の周囲には金の加工品が割と色々な形であるのです。

中でも金歯はよく知られていると思います。

金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。

モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。

タナボタ感覚でのお小遣いにありつける可能性が高いですから、もう使わなくなった金歯がある方は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。