アルバイトでも借入できる消費者金融

アルバイトで生計を立てていましたが、バイクで事故を起こしてしまい骨折をしてしまいました。

貯金は病院の治療費にあてていたので、お金が足りなくなり生活費を金融業者から借りることにしました。

金融業者をどこにするか迷いましたが、銀行や信用金庫などの金融機関は審査が厳しいと聞いていたので、比較的審査に通りやすいと言われている消費者金融に申し込むことにしました。

全国には沢山の消費者金融があったので、どこに申込むか迷いましたが、急いでお金が必要だったので審査が早く即日融資に対応している所を選びました。

消費者金融の店舗に入るのは、少し抵抗があったので自動契約機で手続きをしましたが、自動契約機は誰にも会わずに手続きができ、思ったよりもスムーズに手続きができたので良かったです。

アルバイトなので審査に通るか不安でしたが、勤続年数が長かったので無事に審査に通ることができました。

カードもその場で発行してもらえたので、ATMからすぐにキャッシングできたので助かりました。

利用していた消費者金融は無利息期間のサービスもおこなっていたので、返済も思ったよりも楽でした。

これからも何かあったら消費者金融からキャッシングしたいです。

アルバイトをしていないけれど カードローン会社にはそれぞれの審査基準があり、どのカード会社も申し込み者自身がアルバイトなどでした収入がなければ審査は通りにくいものだとお考えください。

例外として安定した収入がなくとも、両親からの仕送りが毎月あったり、審査を受ける少し前までアルバイトをしていた実績がある場合は審査に通る可能性があります。

ただし、審査が通ったとしても限度額は最低額8~10万円になることが多いと言われています。

申込者様が学生の場合、カードローンの審査を通りやすい幾つかのポイントがあります。

・アルバイトなどで安定した収入がある・両親が健在している・実家に住んでいる・過去に携帯料金の未納がない この4つが揃っていれば審査に通る可能性は高くなります。

4で書いた携帯料金の未納や支払いの遅れが幾度かある場合、支払い能力が欠如していると捉えられてしまい、審査の結果は厳しくなります。

カードローンに限らず、支払期日を守っていく事で申込者様の審査は通る可能性が高まります。

でもカードローンの審査は受けることができますが、殆どのカード会社は審査後に断っている会社が多いです。

二十歳未満でも審査が通るカード会社もありますが、現実的に考えるとまだまだ二十歳以下で契約できる会社は多くはありません。

未成年の場合、アルバイトをしており、安定した収入があっても、審査条件の中に両親の同意書が必要となります。

電話によっての両親への確認と承諾、申込者様がカードローンを契約するにあたっての同意書へのサインがなければいけません。

審査におちた可能性はいくつか考えられます。

1.アルバイトでの収入が少ない(年収60万円以下) 2.アルバイトの努め年数が少ない(半年以内) 3.携帯電話などの料金を過去に滞納したことがある 4.他のカード会社で既にカードローンを契約してる 5.両親のどちらかがキャッシングなどで過去に未払いや金融事故をおこしている。

申込者様が契約を満たす条件が揃っていても、この中のどれかが該当すると審査に落ちる可能性が高まります。

ですが、カード会社によって審査基準は違いますので、1つのカード会社での審査が落ちても別のカードローンなら審査が通る可能性があります。

注意点として、短期間に幾つものカードローンを申し込みしている履歴があるとマイナス対象となります。

プロミス 在籍確認