無能なニコ厨が布団クリーニングをダメにする

どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。

引っ越しと宅配クリーニングを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。

引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、そのうえで、計画を大まかに進めるということです。

もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば問題ありませんが、引っ越しと宅配クリーニングにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。

計画にゆとりがあれば多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。

引っ越しと宅配クリーニングをした時に、行う手続きの一つに、転出届を届けるということがあります。

ただ、その申請が必要なのは現住所と新住所が異なる市町村の場合です。

同じ市町村の場合には、転居届になります。

手続きを行う日程は、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定次第すぐなど、市町村によっても同じではないので、早めに確認をするのが確実です。

荷造りはいろいろ手がかかるものですが、どの世帯にもある食器は特に面倒です。

おジャケットケースやグラス類は割れ物なので、慎重に包んで詰めていかないと運搬中に破損する危険性が高まります。



ここのところ、薄いガラスで作られた衣装ボックスも増えています。

そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、特別な箱に詰めるなど、梱包全体に厳重な注意を払うと相当気持ちは楽になります。

どのような場合でも必ず引っ越しと宅配クリーニングでダンボールを使うことになります。

引っ越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店から無料で提供されることも多いのですが、有料のところもあるので、必ず確認してください。


長野県の布団クリーニングはこちら

そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で手に入ります。

ただし、サイズはばらばらです。

移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同じダンボールを積むのでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。

前もって引っ越しと宅配クリーニング作業の予約をいれておき、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、多くの場合、キャンセル料を請求されるでしょう。

業者やクリーニング店は見積もり作成時、キャンセル料金について、その発生条件などをちゃんと説明しなければなりません。

ですがこれを、書面だけで説明されてしまうとその記載部分に気付けないかもしれません。

なので、予約を入れたらそのタイミングで、キャンセル料について詳しく尋ねておくべきではないでしょうか。

引っ越しは居住地の移動であり、転出・転入の手続きをしますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。

例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。

引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを確認しておきましょう。

今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。

同じ市内局番エリア内の引っ越しなら引っ越しと宅配クリーニング後も同じ電話番号を使えます。

引っ越しと宅配クリーニングで、荷物や布団や洋服をまとめる際、緊張するのは割れ物の対応です。

一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。

傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。

新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、底面から一個ずつ包むようにしましょう。

新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくと衝撃を和らげてくれます。

持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。

もし、引っ越しと宅配クリーニングされる方が車をお持ちならば、自動車についても住所変更手続きを求められますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのか気がかりだと思います。

これは単純な話で、ナンバープレートの変更は引っ越しと宅配クリーニングた先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。

引っ越す前も後も、同じ陸運局の管轄であれば同じナンバープレートを使えますが、管轄が違う地域に引っ越すのであれば、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。

冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。

冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくとあとは運ぶだけです。

庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは前日までに食べきれるようにして、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。

先週末に引っ越しました。

荷物や布団や衣類を搬入して新居に入り、夕方になって部屋の明かりをつけて「ここに住むんだ」とジーンときました。

その後、思い切って奮発し、普段ならぜいたく品の宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しと宅配クリーニングのお祝いをしました。

まだ残っている片付けもがんばります。