「切手を売りたい」という考え方はすでに終わっていると思う

外国の切手は実用的ではないですが、日本では見ないような独特のデザインであることから、一部では人気があったりすることも多く、実は集めている人が多い切手だと言えます。

それゆえ、業者の中でも買取を受け付けているところは多数存在してはいますが、そう珍しいものではない場合や、コレクションしていてもバラバラだった場合などでは受け付けてもらえない場合も多々あります。

意外に、切手集めを趣味にしている人が増えはしても減ることなく、保存のいいものは買取時に額面には関係なく高価な買取金額もしばしば見られます。

どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるのでできる限り高い買取価格で切手を売ろうと考える方、できる限りたくさんの買取業者に持ち込んでその切手の買取相場を調べましょう。

紙製の切手は結構、繊細なものです。

殊に熱や湿度の変化に弱く、高い値段で買い取ってもらうためにも、保存状態には十分配慮しましょう。

ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、直射日光を避けて保管してください。

また、湿気も避けてくださいね。

使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手に交換するのがおすすめです。

切手買取専門業者で高く買い取ってもらうことをねらい、シート単位で引き換えることを意識して葉書を持ち込んでください。

同じ切手でも、業?によって買取価格が異なることを頭に置いて、できる限り多くの業者の目を通し買取価格が一番高かったところで買取をお願いしましょう。

収集した切手が大量にある場合、自分で店頭に持っていく方法よりも、いわゆる「出張買取」という方法を使うことが、賢明な方法です。

ここ最近では切手の買取を専門としている業者もできて、さかんに出張買取を行っている業者も増えています。

出張買取の長所といえば、店まで行かなくて済むことと、時間をかけて丁寧に査定をしてもらえるということです。

通常の場合、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、使用後は特に要らなくなるものです。

そうは言ってももしも、そういった役目を終えた切手であっても、デザインが認められたり、珍しいものであると認定された場合は、買取価格が高い値段になることもあります。

例えば古い切手は持っているけどどのくらいの価値なのかよく分からないという場合、買取の業者に古い切手の価値を見てもらいましょう。

お住まいに送られてきた郵便物にあっと驚くような貼られているのが珍しい切手ということがあります。

もしそういう切手であれば、買い取ってもらいましょう。

万が一消印が押印されていたとしても支障はありませんが汚れていない未使用の切手に比べ安く売ることになります。

希少価値の高い切手を持っているのなら、買取に出しましょう。

実は貴重な切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。

従来の切手の買取というものは買取してもらう予定の切手を持って業者に赴くという方法が主でしたが、ここ最近の傾向として買取のために出張や宅配に応じる業者も少なくありません。

たくさんの切手を売りたいという時に、店先まで赴くのは面倒です。

その他にも、家から店が遠いという人は要する時間であったり交通費であったりを省くためにも出張や宅配を通して買取をしてもらうのがベターです。

もし旧価格の切手を交換して新しい価格の切手にしてもらおうとする場合、その差額以外に、手数料として別にお金を払わなくてはなりません。

10円以上の切手の場合には1枚あたり5円支払う必要があり、10円未満の切手の場合には、合計の半分の値段が手数料として必要となります。

もう新しく買ってしまった方が、結果的に得をすることもあるでしょうし、ケースによっては、切手買取の業者に売った方がいい結果になることもあるといえます。

紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。

実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。

そうなると、切手が破れたらどうしたらいいかというとあまりにひどい場合はだめですが、ちょっと破れたぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならちゃんと使えることが多いです。

でも、買い取ってはもらえないでしょう。