元アラサーニートがおすすめする就職支援ランキング

どうも、元アラサーニートです。

この記事ではわたしがニート時代に実際に使って良かったと思った就職支援をランキング形式で紹介しています。

最初にわたしのプロフィールを紹介しますと、実家は自営業の飲食店を経営していまして、大学卒業後はその手伝いという名の週5ニート生活をしていました。

そんなスネかじり生活を続けて27歳になったころ、「将来この店を継ぐかも分からないし、他の職業を体験するのも面白いかな」と思い正直お試し感覚で就職活動をスタートしました。

甘えた考えかもしれませんが、いざとなれば実家の店を継げばいいなという考えもあり、自分にどハマりする職種を求めてゆったりとした就職活動。

自分で就活をすると決めておきながら、私は自分で企業を探すという行動を怠惰すぎるあまり、まったくと言っていいほどできませんでした。

そこで目を付けたのが就職支援サービス。

私は1年ほど就職活動を続け、合計で4つの就職支援を利用しました。

使ったサービス名を名称で上げますと、就職Shop、ハタラクティブ、Re:就活、JAICの4つです。

これから1つ1つの特徴や使った感想を紹介していきますが、下にリンクを貼っているニートlaboというブログの方が分かりやすいかもしれません。

外部リンク:職歴なしでも就職できた!ニートにおすすめの支援サービスを紹介!

上の記事で上位に入っているDYM就職、GEEK JOBは使ったことがありませんが、その他については私が実際に利用した感想とだいたい一致しています。

1位:就職Shop

就職Shopは18〜29歳と相性の良い支援サービス。

学歴や職歴で人を判断しないを掲げていることもあり、実質職歴がないわたしにもめちゃくちゃ丁寧に対応してくれました。

紹介される求人はすベて正社員待遇ですし、ITエンジニアなどの技術系を始め、営業、事務、企画など様々な職種があるので非常に使い勝手が良いです。

ちなみに、わたしが実際に就職するときに使ったのもこの就職Shop。

2位:ハタラクティブ

ハタラクティブは職歴・学歴に関わらず20代向けの求人を紹介してくれる支援サービス。

多くの職種の求人を扱っており、正社員待遇のものがかなり多いです。

Webデザイナーなどのクリエイティブな仕事の求人も意外と多かった印象。

建物も関東であればあらゆる場所にあるので、アクセス的にも便利!

3位:Re:就活

Re:就活はもう一度納得できる仕事を探したい人向けの転職サービス。

ジャンルは転職ですが、20代であれば職歴がない人でも問題なく利用できます。

正式登録するために初回面談が必要なく、ネット上からすべての求人をチェックできるので無駄な手間がなくて便利。

他の支援サービスとセットで利用するのがベストだと思います。

4位:JAIC

JAICは高卒以上の資格を持った18〜29歳が利用できる支援サービス。

求人の職種は営業がかなり多いです。

研修がちょっと過度に厳しすぎるなど、わたしが当時利用した感想としては正直いまいちかなといった感じでした。

2020年の今では飛び込み営業の研修がなくなったようですが、それ以降にわたし自身が利用していないので、あまり詳しい詳細はわかりません。

以上がわたしが実際に利用してみた就職支援サービスの感想評価です。

よろしければ参考にしてみてください!