ハト撃退は棲みつく前が肝心

ハトはマンションや一軒家のベランダに好んで棲みつき、巣作りすることがあります。



ベランダは雨風がしのげ外敵も侵入しにくいため、ハトにとって子育てしやすい良い環境なのです。

しかし、ハトは棲みついた場所に糞便をし続ける特性があり、非常に不衛生な状態を招きます。

乾燥して巻き上がった糞便を吸い込んでしまったことが原因でクリプトコッカス症などの病気に感染することがありますし、ダニやシラミがアレルギーを引き起こすこともあります。



また悪臭も深刻な被害のひとつです。

そのためベランダで姿を見かけるようになったら、速やかにハト撃退の対策を講じる必要があります。

しかし、ハトは警戒心が強く学習能力も高いうえに、執着心の強い性格をしています。

そのためいったん棲みつきだしてしまうと、ハト撃退は容易ではありません。忌避スプレーやジェル、驚かすための目玉模様の風船やヘビのおもちゃなどハト撃退グッズは数多く市販されていますが、あまり効果は見られないでしょう。

棲みつく前に対策することが肝要です。



ベランダに出入りするようになったら頻繁に姿を現してここは危険だと知らせる必要がありますし、糞をしていたらすぐに掃除しましょう。なお、掃除するときは使い捨てのマスクや手袋を着用し、決して素手で触らないように注意してください。
また身を隠せるような箱や植木鉢などを置いているなら片づけてしまうのも有効です。

あとは防鳥ネットをはって、物理的にシャットアウトするのが一番効果的です。

ただしこれも、しっかり隙間なくはる必要があります。


素人ではうまくできないようでしたら、ハト駆除専門業者に依頼することを検討しましょう。